Raca

2005 ル・マン24時間耐久レース

2005.06.19 決勝
Po. No. Cl. Team Machine Driver LAPS
1 3 LM1 Champion Racing Audi R8 Letho / Werner / Christensen 370
2 16 LM1 Pescarolo Sport Pescarolo Hybride Boullion / Comas / Collard 368
3 2 LM1 Champion Racing Audi R8 Biela / Pirro / McNish 364
4 4 LM1 Audi Playstation Team Oreca Audi R8 Gounon / Ortelli / Montagny 362
5 64 GT1 Corvette Racing Corvette C6-R Gavin / Beretta / Magnussen 349
6 63 GT1 Corvette Racing Corvette C6-R Fellows / O’connel / Papis 347
7 10 LM1 Racing For Holland Dome Judd Lammers / Julian / Bosch 346
8 12 LM1 Courage Competition Courage C60-H Frei / Schwager / Vann 339
9 59 GT1 Aston Martin Racing Aston Martin D Brabham / Sarrazin / Turner 333
10 71 GT2 Alex Job Racing Porsche 911 GT3 RSR Hindery / Rockenfeller / Lieb 332
- 13 LM1 Courage Competition Courage C60-H Nakano / Cochet / Jouanny  

From : 中野信治

 僕にとって初めてのルマン24時間耐久レースでしたが、相次ぐマシントラブルに泣かされ、リタイヤとなってしまいました。今回は何とか24時間を走りきる事が出来ればと思っていただけに、やはり残念な結果ではありました。

 リタイヤの原因は、チームメートが走行中にタイヤが何か異物を拾ってバーストした際にギヤのオイルが漏れてしまい、ギヤボックス内の温度が急激に上昇。これによりギヤボックスに深刻なダメージを与えてしまい、メカニック達が修復の為に手を尽くしましたがギヤボックスの交換が許されていないレースのルールの為、僕達はリタイヤを余儀なくされました。

 それまでにもいくつかのマシントラブルが起こっており、24時間を戦いきるという事の難しさは想像を越えるものだということを初めて自分自身が実感することとなりました。チーム、マシン、ドライバー全てのバランスが高いレベルでとれていないと、結果を出す事はもちろん完走することさえも難しいという事実。24時間走行している間には、本当に色々な事が起こります。その裏側を見ていると少し大げさですが、何だか人生の縮図の様な気もしました。

 そんな状況の中、僕自身は今回このサルテサーキットを覚える事が出来、ルマン24時間のレースも少しずつではありますが理解する事が出来たことは、来年に向け大きなプラスになると思います。今回は僕にとって初めてのルマンでしたが、走行中のタイムもこのクラージュのマシンにずっと乗っていてルマン参戦4回目となるジョナサン・コシェ選手と互角のスピードで走る事が出来ていました。

 19日、午後4時。
 この時をサーキットをマシンで走っている事は残念ながら出来ませんでしたが、24時間のレースが終わりを迎えるこの瞬間、メカニック、ドライバー、スタッフが全員ピットから出てきて、スタンドを埋め尽くす大観衆と共に24時間を戦い抜いた全てのマシンに拍手と歓声を送りました。今まで数多くのレースを戦ってきましたが、このルマンのフィナーレのように全員が一体となって、優勝した者だけでなく戦い抜いたすべての者を称えるというフィナーレは他のどのレースとも違い、僕自身新たなレースの楽しみ方、そして素晴らしさを発見することができたように思います。

  F1モナコGP、インディ500、そして僕にとって世界3大レース最後となるルマン24時間耐久レースへの参戦が終わりましたが、このレースの魅力、難しさを多々感じる事が出来た今、新たにまた結果を出す為の戦いをしたいと
強く思っています。

 今回はこのルマン参戦に向け、本当に沢山の方々に支えられ、また皆様のご協力がなければ実現し得なかった戦いだと思っています。
 本当に有難うございました!!!

中野信治 ルマン 中野信治 ルマン
中野信治 ルマン 中野信治 ルマン
中野信治 ルマン

2005.06.16 予選二日目
Po. No. Cl. Team Machine Driver Time
1 16 LM1 Pescarolo Sport Pescarolo Hybride Boullion / Comas / Collard 3.34.715
2 17 LM1 Pescarolo Sport Pescarolo Hybride Ayari / Loeb / Helary 3.35.555
3 2 LM1 Champion Racing Audi R8 Biela / Pirro / McNish 3.37.795
4 5 LM1 Jim Gainer International Dome S101 HB Michigami / Kaneishi / Ara 3.38.094
5 4 LM1 Audi Playstation Team Oreca Audi R8 Gounon / Ortelli / Montagny 3.38.281
6 13 LM1 Courage Competition Courage C60-H Nakano / Cochet / Jouanny 3.38.735
7 7 LM1 Creation Autosportif DBA 03 S Minassian / Campbell Walte / Wallace 3.38.929
8 3 LM1 Champion Racing Audi R8 Letho / Werner / Christensen 3.38.988
9 18 LM1 Rollcentre Racing Dallara Short / Barbosa / Ickx 3.39.643
10 9 LM1 Team Jota-Zytek engineering ltd Zytek 04S Hignett / Stack / Kurosawa 3.41.177

From : 中野信治

 昨日の雨とはうって変わって朝から今日はとても暑い!ここの天気には本当に振り回されます・・・。でもとにかく晴れてよかった。

  セッションは昨日の同じ午後7時からスタート。今日も僕から走る事に。走り始めるとエンジンに少し問題を抱えている事が発覚。何度かピットインを繰り返していくうちに何とかこの問題は解決されましたが、マシンのほうはドライの路面でも昨日のウェットでの走行同様バランスに問題を抱えていました。この時点での総合順位は8位。そしてJ・コシェ選手にドライバーチェンジし、予選タイヤに履き替えアタック開始。結局1回目のセッションは総合4位で終えることとなりました。

  1回目のセッション終了後すぐにミーティングを行い、再び午後10時から2回目のセッションがスタート。開始後すぐにコシェ選手がアタックを開始。マシンバランスはまだ悪いものの何とか予選総合順位6位につけることができました。

 今回のように1レースをまったく初めてのチームと共に戦う場合、限られた時間の中でお互いの信頼関係を築き上げていかなくてはなりません。マシンに問題はまだ残っていますが、限られた時間の中でとにかく全ての状況を良くする為にお互いをリスペクトしながらやれるだけのことをやっていきたいと思っています。

  レースは僕にとって初めての経験となる24時間耐久。この長い時間の中でひとつでも多くの事を吸収し、この先につなげていきたいね。

中野信治 ルマン 中野信治 ルマン
中野信治 ルマン

2005.06.15 予選一日目
Po. No. Cl. Team Machine Driver Time
1 17 LM1 Pescarolo Sport Pescarolo Hybride Ayari / Loeb / Helary 4.01.197
2 2 LM1 Champion Racing Audi R8 Biela / Pirro / McNish 4.02.027
3 7 LM1 Creation Autosportif DBA 03 S Minassian / Campbell Walte / Wallace 4.02.992
4 4 LM1 Audi Playstation Team Oreca Audi R8 Gounon / Ortelli / Montagny 4.05.770
5 3 LM1 Champion Racing Audi R8 Letho / Werner / Christensen 4.07.643
6 5 LM1 Jim Gainer International Dome S101 HB Michigami / Kaneishi / Ara 4.08.745
7 9 LM1 Team Jota-Zytek engineering ltd Zytek 04S Hignett / Stack / Kurosawa 4.09.578
8 32 LM2 Intersport Racing Lola B05/40 Fisken / Halliday / Hancock 4.11.719
9 34 LM2 Miracle Motorsports Courage C65 James / Macaluso / Lally 4.12.754
10 16 LM1 Pescarolo Sport Pescarolo Hybride Boullion / Comas / Collard 4.13.526
20 13 LM1 Courage Competition Courage C60-H Nakano / Cochet / Jouanny 4.26.247

From : 中野信治

  今朝は朝から雨。昨日までは日中25℃を超えるほどの暑さでしたが今日はうってかわって気温が低い!サーキットに着くとまだ予選なのに人で溢れていて驚きました。今日の予選は午後7時から9時、10時から12時と2回セッションが行われます。朝から降っていた雨は次第に弱まり、1回目のセッションを迎えようとする頃にはあがっていました。

  1回目のセッションは僕から走る事に。そして午後7時予選がスタート。ところが1周目を走り始めたところで又もや雨が降り出してしまいすぐにピットイン。しばらく雨脚が弱まるのを待ちましたがなかなかやまないため、作戦を変更しレインタイヤのテストを行うことに。しかしマシンのバランスが悪く数周したところでまたもピットイン。さらに電気系統のトラブルも加わり、1回目のセッションはほとんど走行できないまま終了となってしまいました。

 午後10時。2回目のセッションがスタート。この時間になって辺りが徐々に暗くなり始め、僕にとっては始めてのナイトランとなりました。暗闇に包まれた13kmのコースは予想以上に暗く路面が見えないのには少し驚いたものの、数周ラップを重ねるうちにサーキットの要所要所でのポイントを見つける事が出来ました。

 この日の予選は雨の為当初の予定が大幅に狂ってしまいましたが、結果的にそれによって新たな問題点を見つけることができました。チームメイトの中では僕が一番早いタイムを出すことができましたが、問題はマシンのセットアップが思いのほか悪いということ。

 今のところ明日の予選は晴れの予報。明日の予選が本当の予選といったところかな。

中野信治 ルマン 中野信治 ルマン
中野信治 ルマン

2005.06.05 公式テスト
Po. No. Cl. Team Machine Driver Time
1 16 LM1 Pescarolo Sport Pescarolo Hybride Boullion / Comas / Collard 3.32.468
2 17 LM1 Pescarolo Sport Pescarolo Hybride Ayari / Loeb / Helary 3.35.893
3 13 LM1 Courage Competition Courage C60-H Nakano / Cochet / Jouanny 3.37.674
4 3 LM1 Champion Racing Audi R8 Letho / Werner / Christensen 3.38.719
5 5 LM1 Jim Gainer International Dome S101 HB Michigami / Kaneishi / Ara 3.38.875
6 18 LM1 Rollcentre Racing Dallara Short / Barbosa / Ickx 3.38.976
7 4 LM1 Audi Playstation Team Oreca Audi R8 Gounon / Ortelli / Montagny 3.39.060
8 2 LM1 Champion Racing Audi R8 Biela / Pirro / McNish 3.39.418
9 7 LM1 Creation Autosportif DBA 03 S Minassian / Campbell Walte / Wallace 3.39.568
10 12 LM1 Courage Competition Courage C60-H Frei / Schwager / Vann 3.39.633

From : 中野信治

 6月5日、ルマンのサルテサーキットでは、今回のイベントの第1回目となる公式テストが行われました。

 僕にとっては、今までテレビの中のものでしかなかったこのサルテサーキットで初めての走行です。F1,インディ500を経験している僕にとって、このレースに出る事、そしてこのサーキットを走る事にはとても感慨深いものがあります。全くの初めてのサーキット、ユーノディエールの直線、そこから直角に曲がるミュルサンヌコーナー。走り始めて最初の1周目には、ここ見た事あるなぁなんて考えながらマシンを走らせていました。 F1でのモナコ、インディ500でのインディアナポリススピードウェイ、それぞれに全く違ったカテゴリーでもありその性格も異なりますが、わくわくする気持ちには変わりありませんでしたね。サーキットはとても興味深いものでしたよ。予想以上に面白いコースですね。

 この日の走行は、午前中はトラブルの為思ったように走れませんでしたが、午後にはトラブルも解決し、チームメートのJ・コシェ選手がラップを重ね総合で3位の好タイムを叩きだしました!午前中のトラブルによる時間的な問題と、雨により僕自身はあまり周回はこなせませんでしたが、規定周回数をクリアしコースをある程度覚えることも出来、走った周回数を考えるとタイム的にもまずまずといったところでしょうか。

 いよいよ始まったルマン24!次の走行は15日に行われる予選です。ルマンで食べるフランス料理が予想外に(失礼!)とても美味しく、毎日食べ過ぎてしまっています。次の走行でシートベルトが締まらないようになったら大変なので、これからジョギングだ。
では、また。

中野信治 ルマン 中野信治 ルマン
中野信治 ルマン

レーススケジュール

アーカイブ