Profile

中野信治

生年月日/1971年4月1日生、身長・体重/174cm / 67kg、血液型/AB型、出身地/大阪府

11歳からカートを始め、'87年16歳で国際カートGPにおいて日本人初優勝・大会史上最年少優勝に輝く。

'97年に日本人で5人目となるF1フル参戦デビューを果たし、「モナコGP」にて当時日本人史上最高位を獲得。

'03年には自身2つ目の世界3大レースである「インディ500」に参戦。

'05年には「ルマン24時間耐久レース」へ参戦、日本人として初めて世界3大レース全てへの参戦という偉業を成し遂げる。

海外経験豊富な国際派ドライバーとして評価が高く、実力・人気ともに日本が世界に誇るトップクラスのドライバーとして幅広い世代から支持を受けている。

NPOグローバル・スポーツ・アライアンス ナビゲーター エコフラッグ 中野信治は国連環境計画(UNEP)と NPOグローバル・スポーツ・アライアンス(GSA)が推進する「エコフラッグムーブメント」に賛同し「人の意識に木を植える運動」を応援しています。
http://www.ecoflag.com/

TOKYO SMART DRIVER TOKYO SMART DRIVER 一人一人のドライバーが気遣いあるスマートな運転をすることで、首都高速道路の事故を減らすことを目的に発足した「TOKYO SMART DRIVER」。中野信治はこの「TOKYO SMART DORIVER」プロジェクトを応援しています。
http://www.smartdriver.jp/

  • 1982年 この年からカートを始める
  • 1987年 インターナショナルカートGP日本人初優勝
  • 1987年 ジャパンカートGP優勝
  • 1989年 全日本F3選手権に参戦
  • 1990年 フォーミュラーボクソール・フォーミュラ・オペル優勝
  • 1992年 全日本F3000選手権、F3選手権にダブルエントリー
  • 1995年 『童夢』より全日本F3000選手権に参戦
  • 1996年 『フォーミュラニッポン』参戦
  • 1997年 F1選手権に『プロスト無限ホンダ』よりデビュー。ルーキーイヤーで2度の6位入賞
  • 1998年 F1選手権に『チームミナルディー』から参戦。モナコGPでは日本人最高位の9位
  • 1999年 F1『ジョーダン無限ホンダ』のリザーブ&テストドライバー
  • 2000年 アメリカCART選手権に『ウォーカーレーシング』から参戦
  • 2002年 アメリカCART選手権に『フェルナンデスレーシング』から参戦。日本人史上最高位となる4位獲得
  • 2003年 アメリカIRL選手権 INDY500にスポット参戦
  • 2004年 全日本GT選手権に『チーム国光』から参戦
  • 2004年 インターナショナルPOKKA1000km準優勝
  • 2005年 ルマン24時間耐久レースに『クラージュ・コンペティション』から参戦。日本人で初めて世界三大レース(F1・モナコGP・INDY500・ルマン)全てへの参戦を果たす
  • 2007年 ルマン24時間耐久、およびヨーロッパと日本のルマンシリーズに参戦。「ルマン」を軸に国内外で活躍
  • 2008年 ルマン24時間耐久レース
  • 2009年 アジアン・ルマンシリーズにSORA RACING(Pescarolo Sport)から参戦
  • 2011年 ルマン24時間耐久レースに『OAK RACING』から参戦、完走。
  • 2012年 WEC世界耐久選手権富士に『ADR-DELTA』から参戦、クラス優勝を果たす。
1982年 この年からカートを始める。(当時11歳)
1987年 16歳でインターナショナルカートGP日本人初優勝・大会最年少優勝。ジャパンカートGP優勝。
1989年 全日本F3選手権に参戦、フォーミュラーデビューを果たす。
1990年 19歳で単身渡欧。フォーミュラーボクソール・フォーミュラ・オペルに参戦。
優勝1回、シリーズ5位となる。
1992年 全日本F3000選手権、F3選手権にダブルエントリー。
1日に2レースというハードなシーズンをこなす。
1995年 国内随一のコンストラクター『童夢』より全日本F3000選手権に参戦。
1996年 全日本F3000選手権改め『フォーミュラニッポン』参戦。
1997年 F1選手権に日本人で5人目のドライバーとして『プロスト無限ホンダ』より参戦。
ルーキーイヤーで2度の6位入賞、ポイント獲得。
1998年 F1選手権にイタリアの名門『チームミナルディー』から参戦。
モナコGPでは日本人過去最高位の9位、シリーズ連続完走記録樹立。
1999年 F1トップ4『ジョーダン無限ホンダ』のリザーブ&テストドライバー。
2000年 アメリカCART選手権に『ウォーカーレーシング』から参戦、入賞。
2001年 アメリカCART選手権に『フェルナンデスレーシング』から参戦、入賞。
2002年 アメリカCART選手権に『フェルナンデスレーシング』から参戦、入賞。
日本人史上最高位となる4位獲得。
2003年 アメリカIRL選手権第3戦もてぎ、第4戦INDY500に参戦。
2004年 全日本GT選手権に『チーム国光』から参戦、入賞。
POKKAインターナショナル1000km耐久レース準優勝。
2005年 ルマン24時間耐久レースに『クラージュ・コンペティション』から参戦。
日本人初!世界三大レース全てへの参戦を果たす。
2006年 ルマン24時間耐久レースおよびルマンエンデュランスシリーズ(ヨーロッパ)に『クラージュ・コンペティション』から参戦。
2007年 ルマン24時間耐久レースおよびルマンエンデュランスシリーズ(ヨーロッパ)に『クリエーション・オートスポルティフ』から参戦。ジャパンルマンチャレンジシリーズに『M-TEC(無限)』より参戦、シリーズ準優勝。ルマンクラシックジャパンシリーズ優勝。
2008年 ルマン24時間耐久レースおよびルマンエンデュランスシリーズ(ヨーロッパ)に『EPSILON EUSKADI』から参戦。
2009年 アジアンルマンシリーズに『SORA RACING PESCAROLO SPORT』から参戦。
初代シリーズチャンピオン獲得。
2011年 ルマン24時間耐久レースに『OAK RACING』から参戦。完走、クラス5位入賞。
2012年 ルマン24時間耐久レースに『ブーツェンレーシング』から参戦。完走、クラス10位。
WEC世界耐久選手権富士に『ADR-DELTA』から参戦、クラス優勝を果たす。
2013年 ルマン24時間耐久レースに『DELTA-ADR』から参戦、アジアンルマンシリーズ富士に『チームタイサン』より参戦、クラス優勝を果たす。WEC世界耐久選手権富士に参戦。
2014年 ルマン24時間耐久レースに『チーム・タイサン』から参戦。完走、クラス8位